給湯器と併せてお得な光熱費節約術

ここでは、キッチンやトイレなど、毎日の生活の中で今すぐできる「光熱費節約テクニック」をご紹介しています。

キッチンでのエコ・テクニック

鍋で料理をする時フタを使う

鍋でお湯を沸かしたり、煮物をするときは、鍋にフタをすると熱効率が良くなり、エコになります。お湯は速くわきますし、落し蓋をすると煮物は味がしみこみやすくなります。

鍋の底の水滴をふく

鍋は底についた水滴を拭いてから火にかけましょう。これで余分なエネルギーの消費を抑えることができます。

料理の火加減

コンロで料理をするときは、鍋から火がはみ出さないように、火の強さを調節しましょう。はみ出した炎は鍋に伝わらず、ムダになります。

冷蔵庫にはものを詰め込みすぎない

冷蔵庫にものを詰め込みすぎると、冷えるまでに時間がかかり、消費電力が増えてしまいます。

ものを整理して詰め込みすぎないようにしましょう。また、冷蔵庫は無駄な開け閉めを控え、設定温度を適温にすることで、もっとエコになります。

冷蔵庫の置き方にも注意

冷蔵庫は、背面や側面から放熱しています。背面や側面にすき間を空けて設置することで、電気代のロスを抑えることができます。

背面は10センチ以上、側面は2センチ以上空けましょう。上にはものを置かないことも省エネの方法です。

炊飯器の保温も注意

炊飯器で7時間以上保温すると、新たにご飯を炊くのと同じくらいの電力消費量になります。長時間保温するよりも、温めなおすほうが電気代の節約になります。

その他のエコ・テクニック

温水洗浄便座、使わないときはフタを

便座の暖房をしているときは、便座のフタを閉めておくと、省エネなります。

便座の温度、洗浄水の温度は低めに

便座の温度は適温を心がけて、寒い時期以外は暖房や温水を使用しないなどを心がけると、エコになります。

エアコンの工夫

フィルターのお掃除をこまめにすることで、エアコンの機能が回復し、冷暖房効果が上がります。

また、床まで届くカーテンを使用して温度を保つ工夫をしたり、ドアの開閉を少なくすることを心がけることでも、省エネにつながります。

夏の冷房の設定温度は28度、冬の暖房時の室温は20度に設定温度をすると、省エネになります。

電気カーペットには断熱マットを

床に直接電気カーペットを敷くと、床に熱が逃げてしまいます。電気カーペットの下に断熱マットを敷くと、省エネ効果がアップします。

照明器具は省エネタイプに

照明器具は、電球型蛍光ランプに取り替えると、省エネで経済的です。また、器具や電気のカサが汚れていると、明るさが発揮されにくくなります。掃除をこまめにしましょう。

パソコンを買うときは、このマークに注目

OA機器を購入するとき、「国際エネルギースターロゴ」のマークがついた機器が省エネにはおすすめです。

このマークがついたパソコンは、待機時間が一定時間を超えると、省エネモードに切り替わる機能がついています。

現パソコンで省エネ対策を行うには、省電力モードにしてモニターの電源が切れる設定を行ったり、省エネモードを活用しましょう。

スクリーンセーバーを利用している人も多いと思いますが、実際にはこれでは消費電力は下げられないと言われています。CTRモニターの焼きつき防止のためのものです。

また、3Dのスクリーンセーバーを使用すると、かえって電気消費が多くなってしまうこともあると聞いたこともあります。

車は適正スピードがエコ

速度にムラあり、加減速の機会が増えると燃費消費が増えます。適正スピードで、流れにのって走行するのは、燃費面で経済的です。車間距離に余裕をもって、加減速の少ない運転に努めましょう。

短いアイドリングでも省エネ

短いエンジン停止でも、省エネ効果があります。エンジンを始動する時に必要な燃料は、アイドリング5秒分に相当するそうです。つまり、車を5秒以上停止する場合は、エンジンを止めると省エネになります。

ガス機器設置スペシャリストが在籍! 安心の給湯器エコジョーズ設置業者3選
資格を持つプロ
が100%現場調査
ライフアドバンス
ジャパン
現場調査 有り
最大割引率 82%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

0120228441
※9:00~17:00
(月~金)

全国100店舗以上で
スピード対応
正直屋
現場調査 無し
最大割引率 81%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

08001239100
※8:30~20:30

知名度抜群の
給湯器設置業者
クラシアン
現場調査 有り
最大割引率 80%
保証期間 記載なし
公式サイトでエコジョーズを見る

0120511511
※24時間・365日

   

給湯器エコジョーズを安全に取付けるには、工事に必要な技能を持つ資格者が、現地の正確な調査により設置してくれるかがポイントです。適切な業者をしっかり見極めてから依頼しましょう。

給湯器エコジョーズを安全に取付ける業者を探す