ガス給湯器でもっと省エネ

エコジョーズやエコキュートなど、給湯器も「エコ」な製品が人気のようですが、エコ給湯器でも心がけ次第では、もっとエコできる方法があります。

ここでは、給湯器でもっとエコするテクニックを紹介します。地球温暖化の原因とされるCO2の削減のために、ぜひ習慣にしてみましょう。

給湯器でもっとエコする方法

水からお湯に沸かすよりもお湯を張る

お風呂の浴槽に、水を入れてからお湯を沸かすよりも、お湯を張ったほうが省エネになります。

お風呂にフタをする

お風呂にお湯を張ったらフタをすることで、熱を外に逃しません。お風呂のフタをするのとしないのでは、お湯の下がり具体が1.5~3倍も変わると言われております。フタをしない場合、2時間で約2.7度お湯の温度が下がるそうです。

追い炊きの回数を減らす

できるだけ追い炊きの回数を減らし、浴槽にフタをするなどして、お湯の温度を下げないよう心がけましょう。無駄な水道代とガス代も節約され、省エネ対策になります。

入浴の間隔をあけない

家族の入浴を時間を空けないで入浴すると、追い炊きの回数を減らせます。

使用後は種火や電気を切る

スイッチ一つで、お湯が出る給湯式や瞬間湯沸かし器。不要なときは、種火や電気を消す習慣をつけておくと、省エネになります。待機電力と同じように、ガスの種火のつけっぱなしも、エネルギーの消費になります。

残り湯は洗濯に

お風呂の残り湯は洗濯やお掃除に再利用すると、有効活用ができます。

お湯を沸かすときは、給湯器からのお湯を沸かす

お湯を沸かすときは、給湯器からお湯を出して、それをガスコンロで沸かすほうが、省エネでコストが安くなります。

食器洗いのときの温度に注意

給湯器の設定温度が高いと、その分だけガスや電気を多く使っていることになります。冬の食器洗いなどは、給湯器のお湯で洗うと汚れがよく落ちますが、必要以上に温度を上げないほうが省エネになります。

40度から38度に2度下げるだけで、1ヶ月約150円の節約になるそうです。

ガス機器設置スペシャリストが在籍! 安心の給湯器エコジョーズ設置業者3選
資格を持つプロ
が100%現場調査
ライフアドバンス
ジャパン
現場調査 有り
最大割引率 82%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

0120228441
※9:00~17:00
(月~金)

全国100店舗以上で
スピード対応
正直屋
現場調査 無し
最大割引率 81%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

08001239100
※8:30~20:30

知名度抜群の
給湯器設置業者
クラシアン
現場調査 有り
最大割引率 80%
保証期間 記載なし
公式サイトでエコジョーズを見る

0120511511
※24時間・365日

   

給湯器エコジョーズを安全に取付けるには、工事に必要な技能を持つ資格者が、現地の正確な調査により設置してくれるかがポイントです。適切な業者をしっかり見極めてから依頼しましょう。

給湯器エコジョーズを安全に取付ける業者を探す