いろいろあるエコ給湯器の特徴

最近よく耳にする給湯器の名前に、「エコジョーズ」「エコキュート」「エコウィル」…などがあります。どれも微妙に似た名前なので、なんだかわかりにくいという人もいるかもしれません。

カンタンに説明しますと、どれもみな「省エネルギーで高効率の給湯器」の名称です。そのエネルギー源(熱源)によって、名称が違います。

例えばエコキュートは「電気」が熱源で、エコジョーズとエコウィルは「ガス」が熱源になっています。

ここでは、それぞれにどのような特徴のある設備なのか、調べてまとめてみました。

CO2の削減効果が大!「エコ給湯器」とは?

では、それぞれのちがいや特徴をご紹介します。

エコジョーズ

ガスをエネルギー源にした、エコ給湯器。ガスを使った潜熱回収型ガス給湯暖房熱源機と紹介されています。

従来からのガス給湯器が高性能になったもので、今までの給湯器が捨てていた排気熱をリサイクルして再利用し、有効な熱エネルギーに変換してお湯をつくります。それにより、熱効率は約95%にアップ。CO2排出量を削減できる、地球環境にやさしいシステムです。

定価では40万程度。耐用年数は約15年とされています。

エコキュート

電気をエネルギー源にした、エコ給湯器。正式名は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」というそうです。高効率のヒートポンプでお湯を沸かしていきます。

従来型のフロンガスの代わりに、二酸化炭素を使用してお湯を沸かすことで、CO2の削減が実現していくシステムです。それにより、ランニングコストも安くなるため、環境にも経済的にもやさしい製品とされています。

電気給湯器と似た「貯湯タンクユニット」と、エアコンの室外機と似た「ヒートポンプユニット」が必要になりますので、やや場所が必要になります。ヒートポンプユニットで沸かしたお湯を、タンクユニットに貯めて使用するシステムです。定価で80万程度。耐用年数は10~15年とされています。

エコウィル

ガスをエネルギー源にした「ガス発電・給湯暖冷房システム」です。家庭用に開発されたガスコージェネレーションシステムと紹介されています。

ガスで発電し、そのときに出る排熱でお湯をつくります。お湯は、給湯や床暖房などに使用でき、電気は家庭内で使用されます。

自宅で発電することにより、家庭の電気、給湯がまかなえるというシステムです。エコキュートと同じく、屋外に「貯湯ユニット」と「発電ユニット」が必要。定価は80万程度。耐用年数は15年とされています。

ハイブリッド給湯器

2010年4月にガス機器メーカー大手のリンナイから発売された、新しいエコ給湯器です。

ガスと電気を組み合わせたハイブリッド給湯器で、ガスや電気だけの給湯器と比べて、効率良く給湯できる点が特徴になっています。

簡単にいえば、高効率のガス給湯器「エコジョーズ」と、電気で動くエアコン用のヒートポンプユニットを組み合わせた給湯器。それにより、優れた省エネ・経済性を実現しています。

価格は「熱源機タンク一体タイプ」が75万6千円(税込み・タンク容量50リットル)。耐用年数は不明。

ガス機器設置スペシャリストが在籍! 安心の給湯器エコジョーズ設置業者3選
資格を持つプロ
が100%現場調査
ライフアドバンス
ジャパン
現場調査 有り
最大割引率 82%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

0120228441
※9:00~17:00
(月~金)

全国100店舗以上で
スピード対応
正直屋
現場調査 無し
最大割引率 81%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

08001239100
※8:30~20:30

知名度抜群の
給湯器設置業者
クラシアン
現場調査 有り
最大割引率 80%
保証期間 記載なし
公式サイトでエコジョーズを見る

0120511511
※24時間・365日

   

給湯器エコジョーズを安全に取付けるには、工事に必要な技能を持つ資格者が、現地の正確な調査により設置してくれるかがポイントです。適切な業者をしっかり見極めてから依頼しましょう。

給湯器エコジョーズを安全に取付ける業者を探す