エコジョーズ・エコキュートと従来型とを比較

近年人気のあるエコ給湯器には、ガス給湯器の「エコジョーズ」や電気給湯器の「エコキュート」などがあります。こうしたエコ給湯器と、従来型の給湯器とでは、どういう違いがあるのでしょうか。調べてみました。

エコ給湯器(エコジョーズ・エコキュート)と
従来型の違い

エコロジー(CO2削減効果がある)

エコ給湯器は、従来型と比べて「熱効率」が格段に良くなっています。それにより、CO2の排出量は従来型よりもかなり抑えられ、地球温暖化の原因と言われているCO2削減効果に貢献することができます。「エコ」と呼ばれるのは、こうした点からです。

エコジョーズと従来型との違い

ガス給湯器の「エコジョーズ」を例に、その仕組みを紹介します。ガス給湯器の従来型ではお湯を沸かすときに、約200度の燃焼ガスを排熱として捨てていましたが、エコジョーズではこの排熱を利用して再加熱できるシステムを実現。熱効率が80%から95%にアップしています。それにより、CO2排出量は従来型に比べて、年間約13%も削減できると言われています。

エコキュートと従来型との違い

電気給湯器の「エコキュート」の場合は、従来型はフロン系冷媒を使用した給湯器でしたが、自然界にある二酸化炭素(CO2)を使用し、空気中の熱を集めてお湯を作るシステムを実現しています。

そのため、従来型の給湯の熱効率は約90%だったのに対し、エコキュートの給湯の熱効率は約300%にアップしています。

ただし、エコキュートは夜間電気で時間をかけてお湯を沸かし、お湯を温水タンクにためておくことになります。この温水タンクから放熱ロスが出て、繰り返しお湯を沸かしておかないと高温を維持できません。

また、どうしても多めのお湯を沸かしておかなければならなくなるため、残り湯が出るなど、効率が悪くなることも。こうしたことから、エコキュートの総合エネルギーの効率は、約70%となることもあるそうです。)

経済的

エコ給湯器は熱効率がいいので、ガス(エコジョーズ)や電気(エコキュート)の使用量が減り、使用料金を削減できます。よって経済的です。しかし、従来型の給湯器と比べて、エコ給湯器は価格が高くなっています。(その価格差は、ガス給湯器の場合で3~4万円程度です)。

それでも、給湯器をエコに変えると、年1万円のランニングコストが削減できるため、3~4年でペイすることができます。(これは、エコジョーズと従来型給湯器を比べた場合です。

ただし、使用量やガス料金により違いはあります。ランニングコストが安いので、長期的に計算すると安くなるそうです。

国からの補助金が出る

環境にやさしく、省エネ性能の高いエコキュート、エコジョーズ、エコウィル…などを購入するとき、国の補助金制度が利用できました。エコ給湯器を普及させるために、国が補助金を出していたのです。それにより、エコ給湯器を設置しようという人が大幅に増加しました。

今後も補助金制度が実現するかどうかは不明です。エコキュートに関しては事業仕分けにより補助金廃止が検討されています。エコジョーズ、エコウィルについては、補助金廃止という議題があがっていませんので、今後も補助金制度を利用できる可能性があります。

ガス機器設置スペシャリストが在籍! 安心の給湯器エコジョーズ設置業者3選
資格を持つプロ
が100%現場調査
ライフアドバンス
ジャパン
現場調査 有り
最大割引率 82%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

0120228441
※9:00~17:00
(月~金)

全国100店舗以上で
スピード対応
正直屋
現場調査 無し
最大割引率 81%
保証期間 10年
公式サイトでエコジョーズを見る

08001239100
※8:30~20:30

知名度抜群の
給湯器設置業者
クラシアン
現場調査 有り
最大割引率 80%
保証期間 記載なし
公式サイトでエコジョーズを見る

0120511511
※24時間・365日

   

給湯器エコジョーズを安全に取付けるには、工事に必要な技能を持つ資格者が、現地の正確な調査により設置してくれるかがポイントです。適切な業者をしっかり見極めてから依頼しましょう。

給湯器エコジョーズを安全に取付ける業者を探す